忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Walking In The Shadows / STEVE GRIMMETT'S GRIM REAPER

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Walking In The Shadows / STEVE GRIMMETT'S GRIM REAPER



代表的NWOBHMバンド、自分の名前をちゃっかり冠して4thアルバム。


「Rock You To Hell」以来実に29年ぶりの作品。ニック・ボウコットは未参加でしたが、久々の新作という事といい感じのジャケットに密かにワクワクしてました。
私は正直な男です。率直に言いますと今作xxxです。密かに期待してたのがバカバカしくなるくらいに。
残念ながら曲の冴えない感が半端ないです。悲しいくらいにつまらない!
歌メロも大した事ない、かといってGリフやソロにオォ!ってなることなんてほとんどない。とくにソロが痒いところ全然掻いてくれなくて。

正統派ヘヴィメタルなんだけど、ここまで熱くなれない正統派は久々に聴いた気がする。正統派ヘヴィメタルってのは、心の底からぐあぁーとこみ上げてきて、拳を天に誘い、歌いながら頭を振れるようなものでなくちゃダメなんだよ。
今作で聴かれるのは正統派ヘヴィメタル風の何かだ。昂ぶるものはなく、ぼ〜っとヨダレが垂れておしまい。
全盛期より上手く若々しいようなスティーヴ・グリメットの歌声が皮肉なくらい悲しく聴こえるぜ...。


まあ、何度も聴いてりゃ少しは良いところも見えてくるはず。上述の通りスティーヴ・グリメットの歌はなんか全盛期よりツヤがあって若々しく聴こえる。まあこの部分は聴きこまなくても一聴すりゃ分かるわな。
他には、えーと...。4.の哀愁とか1.や6.のGリフがちょっとカッコいいかな...。ダメだ、どうすればこのアルバムと仲良くなれるか誰か教えてくれ...。



♪×2



お気に入り、なのか?
1. Wings Of Angels→冴えないアルバムのOPを飾る冴えない疾走曲。冴えない中冴えないなりに健闘してるよはい。

2. Walking In The Shadows→YouTubeで先行公開されていた曲。爽やかもあるようなアップテンポな雰囲気。後出しじゃんけんみたいでちょっと恥ずかしいけど、聴いて期待は不安になりました。高評価ばかりだったけど、工作員でも沸いてんのか?

4. I'm Coming For You→まあこの曲は悪くないかな。往年の哀愁を感じさせてくれるミドル曲。

6. Call Me In The Morning→正統派らしいスピーディーなGリフに、後半に名曲揃えてきたか!なんて一瞬アガった。ほんの一瞬。。そんなことはなかった。


Walking In The Shadows



See You In Hell


PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R