忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

The Fallen Leaves Do Not Resent The Wind / SILVERBACK

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

The Fallen Leaves Do Not Resent The Wind / SILVERBACK



札幌出身ヘヴィメタルバンドによる5thアルバム。2016年作。


去年の11月頃の作品でして聴こう聴こうと思ってたんですが、人生について悩みつつ、お昼寝していたら年を跨いでしまいました。
んで聴いてみたらめちゃくちゃカッコいいこと。年内に聴いていたら間違いなくベストアルバム候補でしたね。。つい将来について考え込んでしまうと眠くなるから辛いところです。

そんな年の瀬の苦悩を振り返りつつこのアルバムについて一言二言。
SILVERBACKって便宜的に?「正統派ヘヴィメタルバンド」として紹介されてること多いけど、そんなことないよね。いや、確かに正統派ヘヴィメタルも聴けるんだけど、「正統派」という非常に狭い括りの中では収まりきらないスケールのバンドだなと思いました。
特に10分を超えるタイトル曲なんてまさにそれで、細かいサブジャンルでカテゴライズしてしまうのがいかに虚しいことか。それくらい唯一無二のサウンド。
まあ人間ジャンル分けが好きですからね。私も日常のありとあらゆるものをカテゴライズしています。

全体的にどこかニヒルな雰囲気も特徴的。それが寒い北の大地を思わせるような力強いヘヴィメタルと非常によくマッチしています。
駆け抜ける疾走曲もあれば、先述の大曲、メタリックなミドルチューン、そして短いインストも印象的。潤滑油的な役割も果たしてくれるようでアルバムにのめり込むことができました。


あまり東京でライヴやらないらしいので、こっち来た時はぜひ逃さず行きたいところですな。調べてみると、私史上屈指のライヴと名高いSATANが出場したJAF14でトップバッターだったのですね。。
私はその頃名前くらいしか知らなかったので、会場に到着したのが確かSILVERBACKがちょうど終わった時でした。愚かなことをしました。神よゆるしたまへ。。


♪×4.5


お気に入り
1. Umbrage~不快→OPを飾る疾走正統派/パワーメタルチューン。イントロのドルンドルンした具合からヘヴィメタルファンとしてはたまらないものが。叙情的なGソロもグッとくるや。

2. Adhesion〜執着

3. A Castle Gazed From A Back-Alley〜路地裏から見上げた城
→次の大曲につながるアコースティックインスト。メランコリックで切れそうなくらい細いサウンドの絡みがとても美しい。

4. The Fallen Leaves Do Not Resent The Wind〜落ち葉は風を恨まない
→ハイライト的大曲。表現力の豊かさに脱帽。何を表現してんの?って聞かれると「え、あっ...」ってなるけど、とりあえずめっちゃ良いんよ! 何か名作映画を見てるかのような感覚になり没頭しちゃいますね。長い曲苦手マンだけどこれくらいカッコよかったら文句ないぜ!中盤ソロ〜ラストの盛り上がりには鳥肌必至。

5. The Grin→ACCEPTばりの男らしいガッチリしたメタリックGリフに鋼鉄魂が騒ぐミドルチューン。

6. Parasite〜寄生虫→突進力が強し、スラッシュメタル一歩手前のパワーメタル!!

10. Cogito Ergo Sum→コギトエルゴスム。訳すと「我思う、故に我あり」、哲学者デカルトが一切ものを疑った結果出来上がったエスカルゴのことです。
難しいことはさておき、堂々とした入りから前のめりの気味疾走で頭ブンブン。このまま突っ走るのかーと頭振りながら思いきや、突如涙のドラティックGソロパートに!これライヴでやられたら昂りすぎてずっと縮こまってしまうやつ。最高。


PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R