忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Guilty As Charged / IRON CURTAIN

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Guilty As Charged / IRON CURTAIN



スペイン出身正統派ヘヴィメタルバンド2016年3rdアルバム。


前作までは、この間来日してくれたHITTENのメンバーでもあったGt.ダニ・メセガー(いい奴)が参加していましたが、2014年には脱退。新ギタリストMiguel加入後初のアルバムで、実に3年ぶり作品となります。
3年という月日は、営業マンのように短髪であったBaの髪の毛をボーボーにするには十分すぎる時間でした。見てくれメタルレベルがグンと上昇。

1stではスラッシュメタル一歩手前の荒くれスピードメタル、2ndでは厚ぼったい感じになりその勢いが失われてしまったけど、まあそこそこの正統派を聴かせてくれた。

そして今作だ! うぅぅ! くぅぅっ! と拳を握りながら縮こまらずにはいられない内容です。
その失われてしまったスピード感が復活し、多くはないけれど随所にツインリードも生かしながら駆け抜けてくれます。これがカッコいいことこの上ないですね。
マイク・レプロシーのレミー似のVoからくるワイルドさはIRON CURTAINの魅力でもあり、こちらは損なわれることなく、相変わらずいい味付けになってます。


正統派ヘヴィメタル好きヘビロテ必至の、下半期重要作の一つ間違いナシ!
まあ一番注目したいのは、Outlawとかいう最高に勇ましきスピードメタルナンバーなんですけどね。この曲が飛び出してきた時には、プレイヤーに釘付けにされてしまったよ。
こういうナンバーがもっと増えたら個人的には嬉しい。Princess Of The NightやPower And The Gloryが好きな人はこういうの目が無いんじゃないのかな。



♪×4.5



お気に入り
1. Into The Fire→豪気なイントロから期待度MAX。ツーバスで勢い良く進むサビに熱くなるぜ。問答無用のカッコよさを誇ってます。ツインリードを配したソロも盛り上がる。

2. Lion's Breath→猛獣の唸り声のSEも効果的に、野性的な力強さを感じるヘヴィメタル。疾走曲ながら渋さもある、気がする。

3. Take It Back→所々のリフのハモりが耳を惹く、テンション高めのシンプルなスピードメタル。ライヴではもみくちゃ必至のヘッドバンギングモッシュナンバーだね。

4. Relentless→重心の低いリフのミドルナンバー。とりあえずミドルナンバーもいれっとっか〜みたいな感じはあるけど、最初の暗い前奏だったり男臭さなどいい感じで悪くない。

5. Iron Price→威勢のいいリフで攻めるスピードナンバー。メロディアスMOTORHEADって感じ。

6. Outlaw→今作イチ押しナンバー。頭二つくらい抜けてる曲じゃないか、というか単に好みなのか。今までのIRON CURTAINにはあまり見られなかったような、勇壮な雰囲気に満たされたスピードナンバー。Gソロで爆発しました。掲げる拳が一つでは足りない。鳥肌いただきました。シンプルな曲だけどドラマ性も感じられGood!


7. Wild & Rebel→先に公開されていた曲。タイトルの通り、彼ららしい荒っぽさとワイルドさに溢れたスピードチューン。

8. Guilty As Charged→次がカヴァーだから実質最後のような曲でドラマティックな雰囲気も感じられる。男の哀愁を感じるリフとソロに、俺は泣かないと約束した。(T . T)

9. Turn The Hell On→FISTのカヴァー。泣かずに笑顔で楽しく終わろう!


Outlaw(動画はシングルver)



Wild & Rebel



コチラもどうぞ
Road To Hell / IRON CURTAIN
Juguar Spirit / IRON CURTAIN
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R