忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Last Of Our Kind / THE DARKNESS

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Last Of Our Kind / THE DARKNESS



一度は解散したイギリスのハードロックバンド2015年4thアルバム。



ドラムの新メンバーとして、エミリー・デイヴィスなるパツキンのチャンネーが参加しました。
残念ながら彼女はレコーディング後にティータイムの如く脱退。現在は、ロジャー・テイラーのご子息が叩いているらしい。



さてこのアルバム。いい作品じゃあないですか!
鳥肌がブワーみたいなキラーチューンが連続する超強力なアルバムではないけれど、「おいおいダークネスがいい新譜作ってきたよ〜」なんて友達についつい言ってオススメしてしまいたくなるようなクオリティだと思います。


前作は割とシンプルなハードロックに焦点をあてているような作品でしたが、今作はちょっとモダンなアプローチや音の広がりを重視したかのような凝った構成が見受けられ、ちょっと今までのダークネスっぽくない部分もあったり。

そんな曲でも普通にいい曲なんで、今までと一味違う魅力を感じつつ楽しみながら受け入れることができると思う。
んであのファルセットとかが出てきたりすると、少しホッとします。やっぱダークネスなんだなーと。
もちろん1.8.9.みたいにらしさ全開の曲もバッチリ。



頑固すぎないHRファンなら十分に楽しめる1枚!





♪×4





お気に入り
1. Barbarian→らしさたっぷりの骨太ハードロックナンバー!半音をうまく使ったミステリアスなリフがみそ。

2. Open Fire→1曲目にも劣らない疾走感が気持ちいいシンプルなハードロックです。

3. Last Of Our Kind→ジャスティンファルセットが非常に映えたロックチューン。突き抜けるようなサビのコーラスは皆で歌えたら気持ちいいだろうな。最高です。

6. Mighty Wings→今までのダークネスにはあまり見られなかったようなタイプの曲だと思います。低姿勢でごっつくガッチリとしたギターリフはちょいとメタルコアぽさも。ただ歌メロの魅せ方はとてもキャッチーで、その辺はやっぱりダークネスだ。

8. Sarah O' Sarah→わりと一発で好きになった曲。ポップな歌メロが耳を惹くバラードです。のびのびしたリードギターに思わず涙腺が刺激される、、、 あっという間に脱退してしまった新ドラマーのドラムも存在感あってカッコいい。

9. Hammer And Tongs→楽しげなハードロックです。ライヴの最後らへんに聴きたいね。



Last Of Our Kind




Sarah O' Sarah


PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R