忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Extermination / RAVEN

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Extermination / RAVEN



2015年発表、6年ぶりの13thアルバム。


来日ライヴに行く予定だったので予習も兼ねて購入しました。ジョン・ギャラガー自ら「過去最高傑作」と太鼓判を押してたもんだから、去年聴いた中でもかなり期待していた1枚でしたね。

いざ聴いてみたところ、あれれ。正直これが最高傑作?ってかんじです。スピードは落ちてるし、1st、2ndの頃の狂った鉄砲玉みたいな迫力もあまり感じられない。
もちろんカッコいい曲はある。キャッチーでライヴ映えしそうな曲もある。そういう意味では一定のレヴェルの作品なんだろうけど、「過去最高傑作」かどうかと問われれば、即答で「No!」。
まあ初期3作しか聴いてないんですけどね (・ω<)

サウンド的には骨太でしっかりとしてる現代的なヘヴィメタルの音。さすがに今の時代にニート時代の音してたらまずいよね笑 
でもHELLとかが今の機材でもNWOBHMの香りのあるプレイをしてるのとは対照的に、こちらはほとんどそのような面影はナッシング。 
個人的にはやはり狂ったような迫力が欲しかった。あとギターソロも暴れるようにもっと弾きまくって欲しかった。
期待してた分、反動が大きかった一枚でした。あとRAVENの作品は曲数が多くて疲れるね。

とはいえライヴ凄かったす。さすがはRAVEN、アツい一夜でした。
日本一優柔不断な男なもんで、なんだかんだ当日まで迷ってたんですが行ってよかったよ。




♪×3.5




お気に入り
1.  Destroy All Monsters→タイトなドラムが頼もしい、力強く幕を開ける疾走曲。カッコいいけど、もっと速く、んで荒くれたGソロがあってもよかったんじゃねーかな。

3. It's Not What You Got→一発で覚えてしまうようなキャッチーなサビが楽しい一曲。ライヴ向けだね! 

4. Fight→今作ではこの曲が一番好きかな。明るめで元気良く突っ走る!私の知ってるRAVENに一番近い気がした。

10. Thunder Down Under→こちらもキャッチーで楽しげなハードロックチューン。歯切れのいいギターリフがミソ! 


Destroy All Monsters



Thunder Down Unde


PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R