忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Atom By Atom / SATAN

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Atom By Atom / SATAN



NWOBHMの重鎮、2015年作。SATANとしては4枚目のフルアルバム。



2014年秋、高円寺は熱気に包まれた。いや、熱気という言葉の上位表現があるとするならば、そちらの方が適当だろうか。
正直SATANは、自分の中のお気に入りバンドランキングでも決して高くはないけど、それでも、今まで経験してきたライヴの中でも屈指でした。

それから約1年もたったタイミングでこの新作でしたけど、ライヴ惚け醒めやらずワクワクしながら聴きました。特典のロゴデザインデカ缶バッチもシンプルでカッコよく、未だに顏じゅうにつけています。


一聴して、おおーすげーSATANしてんじゃん!て感じです。SATANがSATANしてます。
回転数の速いリフの斬れ味、音の感触、ブライアン・ロスの憂いを帯びた歌い回しなど、どこを切り取ってもザ・セイタンといった具合。
前作もザ・セイタンでしたが、こちらも負けず劣らずザ・セイタンぷり。なんか凄い安定感を感じます。安定しすぎて、逆に危険な香りがあまりしなくなったのが惜しいところだろうか。

まあいいアルバムなんですけど、同時期に新譜を出した中にはSAXONとかいう強敵いて、あまり聴きこまずにソッチばかりヘビロテしていて、悪いことにそれから暫く積んでました。
久々に引っ張り出して聴きましたが、やっぱり印象は変わらず指をグッ。放置してたぶん、暫く聴いちゃいます。


現代を生きるNWOBHMバンドは、SAXONみたいに芯はブレずとも時代に応じて姿を変えてきたバンドもいれば、彼らみたいに当時の雰囲気そのままにタイムスリップしてきたようなバンドもいる。
もちろんどっちが良いとか悪いとかではなく、どちらも己のスタイルを大事に活動していってほしい。


余談ですが国内盤ボートラにはSATAN史上屈指の名曲Ice Man(Ross ver)のリハ音源と、JUDAS PRIESTのTyrantカヴァー(82年Live)が入ってて、買うなら輸入盤よりこっちを推します。






♪×4






お気に入り
1. Farewell Evolution→ヒアァァァァァァ!と出だしのシャウトで心を鷲掴みにされるOP疾走ナンバー。SATANらしいリフの斬れ味と回転数の速さが素晴らしすぎる。

2. Fallen Saviour→二曲らしい速すぎず遅すぎずなテンポに乗るリフが気持ちよい一曲。サビのコード進行が某ーチエネミーのあの曲ぽいね!

4. The Devil's Infantry→サクサクサクって具合のSATAN節満載のリフはやはりカッコいい。盛り上がりどころの配置がなんともベテランらしい。

5. Atom By Atom→不穏なサビがキャッチーな小走りな曲。全体的に妖しい雰囲気満点で、こういう曲がもっと欲しかったなあ。

11. Ice Man (Sound Check 2014)→音質は劣悪だけど、やっぱこの曲神がかってるわ。2014年なので、マイケルジャクソンじゃなくてロスが歌ってます。

12. Tyrant (Live 82)→JPカヴァー。とぁいらぁぁん!!!と最初の絶叫があまりにもカッコいい。不安定なコーラスがまたいいね。





Farewell Evolution


Ice Man (Sound Check 2014)
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R