忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Zone Of Alienation / STEELWING

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Zone Of Alienation / STEELWING



北欧の若手正統派メタルバンドSTEELWINGの2ndアルバム。2012年作。
上の画像は日本盤で、海外盤は黒い部分が無く背景がしっかり見えてる。



去年暮れに久々の3rdアルバムを届けてくれたスウェーデンのSTEELWING。しかしどういうことか、正統派メタルではありながらも雰囲気がガラッと変わってしまい陰鬱で何とも言えないものになってしまった。


この2ndアルバムは正直万歳でした。
1stから変わらずハツラツしてるし何より曲が格段に良くなった。
一曲一曲纏まりよく哀愁味も増した。んで歌詞の語彙選びがうまくなったのかどの曲も歯切れが良く、よりキャッチーに響いてきた。
このバンドの長所であるライリーの熱いVo.にも磨きがかかりとてもGood。荒々しいツーバスやギターリフワークも正統派ヘヴィメタルらしくHot。

と良いところをツラツラ書きましたが、今聴き直してもとてもアツくなれる一枚。
すっかりヤツれてしまった、若きHM戦士のかつての元気な勇姿を思い出し、ホロリと小粒の涙を風呂上がりに半裸で流してました。(上は着てます)

上にも書いたけど、ほんと歌メロの哀愁度がグッと増えてるんですよね。コレは二度言わなければならない特筆ポイント。1stにはなかったDOKKENみたいなミドルテンポの曲も良い味出てる。


こういう作風を期待したいけどね。




♪×4.5





お気に入り
1.2. 2097 A.D.〜Solar Wind Riders→近未来な電子音のようなイントロから始まるOPチューン。スピード感も良いけど初めて聴いた時、哀愁ある歌メロがしょっぱなから顔を出して進化を確信した。

3. Full Speed Ahead!→シャッフル調のノリノリ疾走ヘヴィメタル。明るく熱いVo.がガンガン盛り上げてくれる。

4. Breathless→このアルバムにおいて良いアクセントになってるミドルテンポの曲。Bメロからサビにかけての哀愁漂う展開が秀逸。コーラスもそれを上手く演出できてる。Gソロもついリピートしたくなるくらいカッコいい。

5. Tokkotai (Wind Of Fury)→トッコータイ!サヨナラ!ディスイズグッバイ!!と日本語が炸裂するパワーメタル。インストパートの緊迫感がいいね。

6. Zone Of Alienation→シケッた歌メロやギターがカッコいいスピードチューン。

7. The Running Man→ACCEPTのようなジャーマンっぽさがカッコいい、熱く勇ましいパワーメタル。打ち鳴らされるドラムやドラマティックなソロに闘志が湧く。

11. Hit 'Em Hard (2010 Demo)[Bonus Track]→ボーナストラックだかといって侮ることべからず。荒々しいスピードチューン。ドラマ性のあるGソロが熱い。ツーバス踏むタイミングなんかもまた絶妙。



Full Speed Ahead!



Breathless


PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R