忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Sacrifice / SAXON

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Sacrifice / SAXON



2013年発表記念すべき20枚目のスタジオアルバム。


黒と金の高級感あるジャケットがいいね。
渋谷に金色の変なジャラジャラ付けた黒いニーちゃん沢山いるけど、そんなのとは一味もふた味も違う。


節目の20作目だからといって変わったことはしてないです。
急に長尺のプログレやり始めたとか、イケイケのポップスになったとかはありません。

ジャケットは黄金であろうが、内容はいぶし銀。
渋いSAXONが今回も漢のヘヴィメタルを聴かせてくれる。彼らは決して裏切らないのだ、、

このアルバム特筆すべきは、4.5.6.のスピードナンバーが続く怒涛の展開!
あまりのパワーに吃驚してリリース当時、舌をダイハードに巻いてしまい暫く会話不能で大変な思いをした私ですが、今聴き直してダイハードな舌巻き再発です。


しかし前半の充実度が凄いだけに、後半地味目なのが惜しいところなんだ。退屈は言い過ぎだけど、スピード狂の私には少し物足りなかったのは事実。

バカモン!この重みの良さがわからんか!これだから最近の若いモンは、、、という爺ファン古参の方がいましたら、私に気合注入のビンタをお願いします。
まあ9.とか結構好きなんだけどね。


地味な部分はあれど、人に聴いてもらいたい魅力をもった一枚であります。



♪×4





お気に入り
1. 2. Procession〜Sacrifice→ミドルテンポながらドライヴ感が心地よく、ヘヴィリフが冴える一曲。堂々としててOPらしい。BメロがとてもSAXONらしい哀愁が出てて特に好きだ。

3. 
Made In Belfast

4. 
Warriors Of The Road→SAXONが得意としてきたレーシーな疾走曲。スロットル全開。

5. 
Guardians Of The Tomb→疾走曲三連ちゃんのなかでも特に歌メロが光るナンバー。

6. 
Stand Up And Fight→高らかと拳を掲げる私がそこにいた。
 
9. Wheels Of Terror→鋼鉄感溢れる硬質なGリフ、ドスの効き具合はまさに重戦車。



Stand Up And Fight



PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R