忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Head Of The Pack / SKULL FIST

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Head Of The Pack / SKULL FIST



Gt.Vo.ジャッキー・スローター率いるカナダ出身正統派ヘヴィメタルバンド、2011年発表1stアルバム。


2012年の夏に初来日を果たした彼ら。客入りは苦戦していたけれど、フレッシュで元気いっぱいのパフォーマンスは好印象で私も最前で熱くなりました。

女子以外に人見知りの激しいことで有名な私は、メンバーが開演前外にいたのに知らんぷり。たぶんこの時の事が今年の来日まで間が空いてしまった原因だと分析しました。
彼らは怒っているんだと思います。責任を感じています。


んなわけねーだろ。



この1stアルバム、曲はグッドなのに音質が結構チープ。どのくらいチープかというと、小僧寿しのスシくらいチープ。
絶望的に悪いわけではないけれど、もう少し工夫が必要なレベルです。
せっかく曲がいいのだからね、ヘヴィメタルに必要な要素である迫力が不足していたらその良さも伝わってきづらい。
マニアの内輪受けに終わってしまわないよう、改善が求められた。この点は2ndのレビューでも触れましたが、次作で進化するのでした。


SKULL FISTは結構ソロとかいいフレーズ弾くよね。最近のバンドにありがちな音数の多いだけのソロに終始せずに、歌えるようなメロディックなフレーズを隙あらばバンバン入れてきます。この辺はもっと鍛えて強みにしていってほしい。


収録曲のほとんどが疾走曲。単純な構成で、まだまだ未熟な面もあるけれど、メロディを疎かにしない彼らの才能の片鱗を感じ取ってほしい。


余談ですが、国内盤ボーナストラックにはTOKYO BLADEのAttack Attackが収録されています。やはりこの辺のバンドが憧れなんだね。ジャッキー、友達になろうよねえ、友達になろ?






♪×4





お気に入り
1. Head Of The Pack

2. Ride The Beast→ドライヴ感満載の勇ましいへヴィメタルチューン。

3. Commanding The Night→Gリフでグイグイ引っ張ってくれる頼もしい疾走曲。

7. Commit To Rock→疾走曲ひしめくアルバム中貴重なミドルナンバー。丁寧に歌われるキャッチーな歌メロと、哀愁のリードが好きぽん。

9. Like A Fox→ツインリードをこれでもかと言うくらいフィーチャーしてあり結構構成に拘ったであろう疾走曲。ソロ明けのリフに戻ってくるとこめっちゃアガる。

10.No False Metal→この作品では一番お気に入り。地を這うような疾走感がヘッドバンギングを誘発させます。ソロもカッコよくきまっていてレベルが高い。ヘヴィメタル以外何にでもない。



No False Metal


コチラもどうぞ
Chasing The Dream / SKULL FIST
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R