忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Call To Arms / SAXON

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Call To Arms / SAXON



ブリティッシュヘヴィメタルバンド2011年発表19thアルバム。


私にとっては思い出の一枚。
リアルタイムでSAXONのアルバムに触れた初めての作品。前作「Into The Labyrinth」の時点でメタラーにはなってはいましたが、まだSAXONについてほとんど知らなかったと思う。

2011年このアルバム引っさげて来日してくれました。クラブチッタ2DAYS、あいにくの猛烈な下痢に苦しめられていましたが、両日参戦し2日連続で抽選のサイン会に当選するという、猛烈なラッキボーイぷりを発揮した私。

あれから5年、未成年のガキであった私もすっかりオトナの魅力漂ういいオトコに成長しましたが、熱い思いは変わらずに再来日を待ち焦がれています。
焦がれすぎてもはや木炭一歩手前ですので、早く来てください。




21世紀に入りSAXONは煌びやかに装飾されたパワーメタル色を強めるけど、この作品はそういったものはすっかりなくなり大分シンプルな音になります。「Into The Labyrinth」までの雰囲気を待ち構えているとちょっぴり肩透かし。

しかし、シンプルになったからといって堂々たるヘヴィメタルが影を潜めたわけではないのがミソ。
2.のようなガッツ溢れるアンセムチューンが象徴するように、まだまだ力は衰えるどころか増すばかりだし、心の芯の太さのようなものも聴こえてくる。

SAXONのファンになって日は浅かったけど、まだまだ解散することなんてないだろうと確信と安心を感じた一枚でした。





プチ自慢であり思い出の品 この第3世代iPod nano(8GB)は高1の時買ったけど未だ現役
ビフのサインが消えない限り壊れないのさ! 





♪×4





お気に入り
1. Hammer Of The Gods→ちょっとOPにしてはインパクトないかなと最初思ったけど、なんだかんだ一定のカッコよさがある。Gソロとか好きだし。

2. Back In 79→ライヴで大合唱間違いなしのアンセム的ミドルチューン。強く頼もしい。一生付いていくお、、

3. Surviving Against The Odds→サビメロが印象的な疾走爽快チューン。きもちいいね。

7. Afterburner→今作1のパワーメタルチューン。タイトル通りの熱さを感じさせてくれる。Gリフの迫力は逸品なんだが、もうちっとソロ弾いて欲しかったと5年経った今でも思う。

10.Ballads Of The Working Man→80年代初期のSAXONらしい哀愁が感じられる好ナンバー。皆さんお疲れ様です。


Afterburner



PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R