忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Welcome Home From Your Hell / AIMING HIGH

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Welcome Home From Your Hell / AIMING HIGH



東京出身正統派ヘヴィメタルバンドの7インチシングル。2004年作。


最近、というか今年夏以降BLAZEと共にAIMING HIGHにどっぷりハマっています。
朝起きたらAIMING HIGH、出勤する時もAIMING HIGH、帰る時も寝る前もAIMING HIGH。寝てる時はね〜みングハイ。(ねみ〜とAIMING HIGHがかかってます) おかげで積みCDは増えていくばかりで一向に減りません。もう一対耳があればいいのにーと思う今日この頃でした。(耳が増えることはない)


さて先日目黒でのライヴに参加、物販で持ってない音源やグッズを袋いっぱいに買いました。その中の一枚がコレ!
内容はというと、A面がタイトルのシングルで裏っ返すと「King Of The Iron」にも入ってるVengeance Is Mine04年再録Ver。同封のCD-Rにはアテクシの大好きなIRON MAIDENのパァグァトリィィィがおまけで入っていました。

まずはそのタイトル曲について言及。ってコレやばいぞ。。
先に聴いていた同じく7インチの「Wings Of Souls」(時代的にはこちらの方が後)もNWOBHMくさいミドルチューンだったけど、NWOBHMクサさレヴェルではこっちの方が軍配。というかこれはもうモロに...。
言葉を失いました。DARK STARのLady Of MarsやらLIMELIGHTのあの曲やら、ドクタードクタードクターが好きな人なら失神絶句。
アナログな音質の哀愁サウンドが私をまた1日生き永らえさせてくれました。ありがとう、ごちそうさま。(まだまだ聴きます)

続くB面の再録。曲自体は「King Of The Iron」にも書いたけど、ツインリードでグイグイ引っ張る哀愁の疾走曲。ツーバスでギアチェンジする疾走感はもはや爆走に近いくらいの荒っぽさ。これに乗っかるツインリードが最強なのですね。
この曲聴く時はつい感じ入ってしまい、とても目なんか開けてらんない。
展開に大きな違いはないけど、ラストが爆走しながら消えるものから、テンポを落としてねっとりソロを弾きながらフェードアウトする展開になってます。
音質的にはこちらのVerの方が80年代初頭感ありますね。どっちが好きかって? どっちも好きだよ!


以上。買い。
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R