忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Into The Labyrinth / SAXON

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Into The Labyrinth / SAXON



週刊「SAXONを語る」、今回は2009年作18枚目のアルバム。


まず注目するは、ジャケット中央の迷路。目で追ってチャレンジするんですが、いつも挫折します。
皆さんも暇な時どうぞ。鉛筆は使っちゃダメですよ。


2007年のLOUD PARK、翌年の単独来日、日本のファンにとってはタイミング的にかなり勢いを感じたであろうこの作品。発売当時はどの程度話題になったのかな。


一曲目Battlions Of Steel。21世紀のSAXONのドラマティックで大仰な傾向が極まったかのようなミッドパワーメタルナンバーで幕開け。彼らのことを一切知らない人でも、ベテランを感じさせてくれるような威厳に満ち満ちた曲です。
SAXONらしいロックを語ってくれる2.やスピードキラーチューン3.、このアルバムの顔のような5.など前半の充実度は完璧。

その後はスローでブルージーなハードナンバーが続くため、ちょっと暇ぽよ。
とは言ってもそこまで評判は悪くないようなので、ジジイ達古参の方々にしか感じれない「SHIBUSA」というヤングには未知の物質を発散しているのでしょう。
私も早くこの「SHIBUSA」を感じれるようなオトコに成長したいですね、はい。


前半が凄くて後半ちょいと地味というのは次次作の「Sacrifice」と少しかぶるね。
曲順入れ替えたらどんな印象になるのかなーとふと思うのでした。

それでも♪4つの上出来サウンドでオススメだ!



ただ、ブックレットのダグのページだけはマイナス5億点。
気になる方は買って確認すべし、、、






♪×4






お気に入り
1. Battalions Of Steel→これはキラーチューンだ。威厳とその力に屈せよ!Gソロもめちゃカッコいい。

2. Live To Rock→SAXON組ビフ先生のロック授業。説得力あるハードロックチューンです。

3. Demon Sweeney Todd→今作1の爆走ナンバー。おっさん達が猛烈な勢いのヘヴィメタルを聴かせてくれる。これもキラー曲。

4.5. The Letter〜Vally Of The Kings

6. Slow Lane Blues→ヤングな私が「SHIBUSA」を感じたブルージーなナンバー。ブックレットでこの曲のページは荒野のイラストだけど、まさにそんな感じ。SHIBUI!

11.Hellcat→スローナンバーが続いた後の目の覚めるようなファストチューン。荒ぶるグラマン戦闘機が見えてくるようだ!

12. Come Rock Of Ages→実質的にラスト曲。曲の性格的には2.のようなSAXON節溢れるミドルナンバー。サビメロが結構頭にこびりつく。ソロもグッド。


Battalions Of Steel
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R