忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Forever In Time / PRAYING MANTIS

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Forever In Time / PRAYING MANTIS



NWOBHM出身バンド、1998年発表の5thアルバム。


名盤1st「Time Tells No Lies」のジャケットも好きだけど、こっちも負けないくらい好き。
小学生4年生の時「いきものがかり」で、昼休みに校庭でカマキリとっ捕まえたんですが、あいにく教室のカゴは全て満室。授業もあったのでとりあえずトカゲと仮同居させたんですが、終わってから覗いてみると室内は惨劇。無残にも白い腹を晒しながら頭から喰いちぎられていました。(あたりまえだろ!)悪いことした...。
「あたりまえだろ!」なんて鋭くツッコミ入れてますが調べてみると、でかいカマキリならトカゲなんか返り討ちにしてしまうこともあるそうで。すごいね!


さて、カマキリの獰猛性と自らの不手際について言及したところで、この美しいメロディアスハードアルバムについて一言二言軽口を。

哀愁のメロディを得意とする彼らですが、この作品もその長所がしょっぱなのWasted Yearsから全開です。淡い空色のような透き通ったメロディは5枚目のこの時点でも健在。
少しクセが強くなった気がしないでもないですが、秀逸なメロディが次々に襲ってきてこちらを休ませてはくれません。特にサビでの重厚なコーラスとの絡み合いが多く圧巻。
歌メロだけではなく、ツインギターやキラキラした鍵盤のブワーっと押し寄せるメロディラインにこの手のファンは感涙ものでは無いかと思いますね。

10曲中7曲が6分超えというボリュームのある内容かつ、前述のようにクセが強めなので、私のように8曲35分とかそんなアルバムばっか聴いてる人間にはとっては一気に聴くと疲れちゃうというのところは玉に瑕。

いやでも、このメロディセンスはHR/HMの世界では随一だと思うよ。



♪×4



お気に入り
1. Wasted Years→彼等の強みである泣きのメロディを豊富に含んだ流麗なツインリードが存分に発揮されてる曲。叙情的に弾かれるソロは結構太い音色で聴きごたえがある。

2. The Messiah

3. Best Years→コッテコテのメロディが美味しすぎる入魂の一曲。あの楽しかった生き物係時代の日々の思い出がカラーで蘇る...。ミールワーム闘技場とか懐かしいな...。

4. Blood Of An Angel→トニー・オホーラの冴えわたるVoと重厚なコーラスの絡み具合が絶妙です。 

10. Forever In Time→Best Yearsとタメ張れるぐらいの強力な曲! 最後を劇的に飾るハイライト。
ラストのしつこいくらいのサビの繰り返しから漂う雰囲気にはやられたよ。ふぉえば~、ふぉえば~、ふぉえば~、ふぉえば~いんたーい♪のところで鳥肌ぶわー。やばすぎ。


Forever In Time



Best Years
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R