忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Warning Of Danger / OMEN

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Warning Of Danger / OMEN



US西海岸出身正統派ヘヴィメタルバンドの85年2ndアルバム。


Metal Bladeから初期3作品が再発されております。んで2ndアルバムにして、彼らのアイデンティティ?であるコブラがジャケットに登場。IRON MAIDENで言うならエディ、RIOTだったらジョニーのように。
アイデンティティといっても調べてみれば、コブラジャケのスタジオアルバムは、これと次と去年の最新だけっぽいですが。

1stではLAならぬ湿り気のある硬派な正統派サウンドを聴かせてくれましたが、このアルバムもその方針には変わりなく全体的に曲のレベルをややグレードアップしてきた感じのイメージ。
IRON MAIDENの影響は当然受けているとして、前作のレビューの時には書くほどじゃないかなーって感じでしたが、こちらはもうそれについて言及せざるを得ないくらいになってしまいましたね。
Phantom Of The OperaやTransylvaniaを思わせる楽器陣の一糸乱れぬユニゾンぷりを聴くと「メイデン」というワードで頭が埋め尽くされてしまいます。そういうプレイが随所に登場し、メイデンのことを全く知らない人でも「メイデンそっくりか」と本能的にツッコミ。まあそれ以外のプレイはそこまでIRON MAIDENって感じはしないのですがね。
OMENのカッコいいポイントとして他にJ.D.キンボールの男らしくザラついた歌声とかですかね。今にも「ウギャギャー!」とシャウトしそうな具合も好き。

華は無かれど、地味にいい曲が揃ってるので買って損は無いでしょう。



♪×4



お気に入り
3. Ruby Eyes(Of The Serpant)→このアルバムで一番NWOBHMクサイ。シングルカットしたくなるくらいのカッコよさです。ヘヴィメタルらしいGソロもまたグレート。

4. Don't Fear The Night→叙情性のある冒頭部から一気に硬質なGリフで男気のある曲調へ。ムンムンしてます。弾きっぷりのいいソロも気持ちよい。

5. V.B.P.→Transylvaniaが勇ましくなるとこうなるのです。楽器陣の統率の取れた動きに耳を奪われるインストチューン。

6.7. Premonition~Termination→前奏からギザギザのGリフで幕を開けるハイスピードパワーメタルチューン。いかにも80's US Power Metal といった激アツな一曲。ボートラのライヴverのラフな荒れ具合も聴き逃せない。

9. Red Horizon→ドタバタバタつきながら前へ前へ進む。力強い歌メロとソロに握り拳!

10. Hell's Gate→男のGソロに感服いたした。


Ruby Eyes(Of The Serpant)



Termination



コチラもどうぞ
Battle Cry / OMEN
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R