忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Transcendence / CRIMSON GLORY

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Transcendence / CRIMSON GLORY



アメリカの正統派ヘヴィメタルバンド、1988年発表2ndアルバム。



アートワークがスペースバンパイアまんまでウケる。スペースバンパイアって?
よく知りませんが、ひと昔前のSFホラー映画みたいです。全然知らないのにウケてました。

仮面が冗談抜きできもいCRIMSON GLORYですが、やってる音楽はキモくない侮れない。いわゆる正統派なんですが、スピードメタル的なのを期待しちゃうと肩透かし喰らうと思います。
ダークなムードの中、遅めのテンポでドラマティックに攻めていく感じ。LIEGE LORDとかとはまた違った趣のUSメタルバンドです。

そのアメリカのバンドらしからぬ妖しく殺気立った緊張感あるヘヴィメタルには、ジェフ・テイトをヒステリックにしたような故ミッドナイト氏の歌声や叙情的なツインギターがとてもよく映える。中でも、それらを存分に味わえる1.2.6.7.は名曲級のカッコよさを誇っているのは間違いない!
ただアルバム全体として、スピードメタルは皆無、そしてなんとなく高尚に気取った感じが好みを分けるかも。私最初聴いたときは結構退屈を感じてました。曲もシンプルってわけじゃないし。

まあでも、そうやって聴いいてるうちにツインリードのクサさが染み渡ってきて、クセになっちゃうんですよ。また嗅いじゃおうかな〜って感じでクンクン。来る日も来る日もクンクン。
ごちそうさま、2ヶ月もすれば落ち着きます。いつの間にかRed Sharksが再生回数ランキング上位に躍り出てました。


1stも名盤だったけど、こちらも甲乙付け難いね。




♪×4




お気に入り
1. Lady Of Winter→跳ねるようなベースに合わせて、胸を張り肩を揺らしながら大通りを行進したくなる。手の動きまでつけちゃおうか! いやもう大声で歌ってしまおう! れ〜でぃおうぃんた〜♪ 

2. Red Sharks→三連譜が特徴的な小走りチューン。この緊迫感がいいね。ゾクゾクする。高まったそれをソロ後に主旋律の戻り、一気に発散させる具合は見事です。ミッドナイトのヒステリックVoもすごい! Bメロから、いやイントロから大合唱必至。 しかし不可解なことに、スネアの音がまじクソ。全体的にスネアが軽いこのアルバムだが、際立って軽い。洗面器叩いてんじゃねえよ。

3. Painted Skies→前2曲がカッコよすぎるから少し地味に感じてしまうが、冷静に聴けばなかなかカッコいいパワーバラード。ギターソロで魅せてくれるね 

6. Where Dragon's Rule→Red Sharksにも劣らない曲。メインフレーズのツインギターの扇情力は凄まじい。ソロ終わりからの、焦らして焦らして、ぐぁぁぁ!!(感情が昂る音) 死ぬ。ツインリード好きを殺すために作った曲だろう。

7. Lonely→ダークな彼らの魅力がとても良い形で滲み出てる。間違いなく名曲。

8. Burning Bridges


Red Sharks



Where Dragon's Rule



コチラもどうぞ
Crimson Glory / CRIMSON GLORY
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R