忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Black Tiger / Y&T

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. 無題

亡くなった・・・ですと?!ショック・・・。
こちとら何も知らずに「再結成に参加しねぇのかなぁ」と飲み屋でクダ巻いてたのですが、病気だったんですね・・・。
 
「ワン・バスでツー・バスの音を出す男」
「イアン・ペイスの腕とジョン・ボーナムの足を持つ男」
「ルックスのせいでY&Tを首になった男」
等、数々の異名を持ち(最後だけ余計)、生で演奏しているところ見てみたいドラマーの一人でした。
合掌…

Re:無題

「イアン・ペイスの腕とジョン・ボーナムの足を持つ男」 ってすご異名ですね。
個人的にそこまで耳を惹くようなプレイをしてるかな、、って感じなので、ちょっと注意して聴いてみます。

確かにルックスはいい方ではないけど、若き日の写真を見ればそこまでブサメンじゃないような笑

ただいまコメントを受けつけておりません。

Black Tiger / Y&T



1982年、Y&T名義では2枚目の作品。


先日、全盛期を支えたドラマー、レオナード・ヘイズが61歳で逝去しました。肺に慢性的な疾患を抱えており闘病生活を送っていたそうです。R.I.P.

高校生の時に、初めて触れたY&Tのアルバムだったので結構思い入れのあるアルバム。
裏ジャケのレオナードの担当楽器のクレジットに「Drums Percussion MAYHEM」って書いてあるんですね。これを見た当時の私は「なんだよMAYHEMって!」と野暮なツッコミを入れてました。
アメリカンなノリが分からない、若き日の無粋な自分を思い出したので暫くノスタルジーに浸ってようかと思います。

さてノスタルジーに浸るには絶好のアルバム。この湿り気のあるメロディとエモーショナルなデイヴのギターはそれを盛り上げてくれて、思い出は蘇る甦る。
泣きたくなるね、ジワっとくるよ。楽しく明るい思い出でもこのアルバムの前では、目を真っ赤にさせ熱い涙を流してしまうんだ。
デイヴ・メニケッティのギターの扇情力ってのはHR/HMの世界でも随一。ただ女々しく泣くだけじゃなく、太く艶のある音色は男泣きを思わせるような力強さでとてもカッコいい。
それでいてVo.の方も、奇跡のハスキーボイス。Y&Tの個性を決定づける素晴らしい歌声です。


2014年のカワサキ・ロックシティで観ましたが、この辺は全然衰えてなかった。他のメンバーには悪いけれども、フィル・ケネモア亡き今、Y&Tは完全にデイヴ・メニケッティのバンドなんだなと実感。
もう2年半も経つのか、最高の夜だったなぁ...。と回想していると、いかんいかん、いつの間に頬を熱い涙が滴っている。




♪×4.5




お気に入り
1.2. From The Moon〜Open Fire→泣きのイントロで始まり、フィルのドライヴ感あるBaが心地よい疾走ハードロック。疾走曲だけど徐々に熱くなるようなものを感じる。

3. Don't Wanna Lose→哀愁とポップな雰囲気が噛み合った佳曲。透き通ったコーラスに、デイヴのギターが最高なのだ。歌い回しもとてもキャッチー!

5. Forever→再びFrom The Moonのイントロを使うという中々斬新な構成。初めて聴いた時「これどっかで聴いたことあんな...」と私。15分前に聴いてんだよアホちんが。Y&T屈指の名曲。ここまでエモーショナルに泣かすハードロックはそうそうない。ソロ前のリフで焦らし、爆発するようにソロに入る構成に一緒に吹き飛んだ。

6. Black Tiger→夜のジャングルのようなイントロから一気にメタリックなGリフで駆け出す!オーソドックスなものが大好きな私は、このアルバムを聴く時にいつもコイツに痺れている。ソロなんてほんとビリビリくるよ!

9. Winds Of Change→アコギも全面に取り入れた、もの哀しげなスローバラード。Y&T節がこれでもかと発散されている。


Forever



Don't Wanna Lose

PR

コメント

1. 無題

亡くなった・・・ですと?!ショック・・・。
こちとら何も知らずに「再結成に参加しねぇのかなぁ」と飲み屋でクダ巻いてたのですが、病気だったんですね・・・。
 
「ワン・バスでツー・バスの音を出す男」
「イアン・ペイスの腕とジョン・ボーナムの足を持つ男」
「ルックスのせいでY&Tを首になった男」
等、数々の異名を持ち(最後だけ余計)、生で演奏しているところ見てみたいドラマーの一人でした。
合掌…

Re:無題

「イアン・ペイスの腕とジョン・ボーナムの足を持つ男」 ってすご異名ですね。
個人的にそこまで耳を惹くようなプレイをしてるかな、、って感じなので、ちょっと注意して聴いてみます。

確かにルックスはいい方ではないけど、若き日の写真を見ればそこまでブサメンじゃないような笑

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R