忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Wild Cat / TYGERS OF PAN TANG

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Wild Cat / TYGERS OF PAN TANG



次作でジョン・サイクスが参加することになるNWOBHMバンドの1stアルバム。1980年発表。


いつかレビュー書くけど、2ndはジョン・サイクスの貢献度が凄く非常に質の高い作品に仕上がっていた。NWOBHMの範疇に置いておくのがもったいないくらいに。



この1stなんですが、うーむ。
内容とはいうと、あまりにも普通すぎて辛いですね。マイナスの意味での普通ですよ。ジャケットは虎党だけでなく12球団のすべてのファンにオススメできるくらい迫力あってカッコいいんですけど。


ギターリフを中心とした典型的なサウンドです。
ザ・NWOBHMって感じで、ザ・普通。そのザ・普通な曲が気怠いVo.とともに覇気なく進み、ザ・退屈でザ・つまらない。

ただ再生してるだけじゃ判別つかないくらい曲に個性がない。歌詞カードみるのは当然として、場合によってはメモを取りながら聴いた方がいいかもしれない。やだよそんなの。



退屈で抑揚のない日々極まれり、一人暮らしのおじいちゃんに聴かせると痴呆あるいは孤独死に拍車がかかるから、2ndとセットでオススメしてください。


このアルバムを愛せる人は、献身的で本当に優しい人なんだと思う。もし女性であるなら是非お付き合いしてみたい。
首からこのアルバムのジャケットを提げて渋谷で逆ナン待ちしたいと思います。





♪×2.5





お気に入り
1. Euthanasia→一聴してNWOBHMと分かるサウンドのヘヴィメタル。まあ悪くねえかなって程度。

7. Wild Catz→sじゃなくてzなのがミソ!退屈な作品中、雀の涙ほどの煌きを感じたタイトル曲。キメの部分が結構カッコいい。金属的なGリフにもちょっぴり刺激される。べ、別に興奮してるわけじゃねーからな!



Wild Catz


コチラもどうぞ
Spellbound / TYGERS OF PAN TANG
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R