忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

To The Devil A Daughter / INCUBUS

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

To The Devil A Daughter / INCUBUS



イギリスのダラム出身NWOBHMバンド、1984年唯一作。



クロフォード三兄弟が中心の哀愁ツインリード香る四人組。またまた良き1枚に遭遇してしまった。
今生きてるか死んでるかもよく分からない外人の30年も前の青春の記録に、日本人の若者がこうも愛着を抱いてしまうのはある意味奇跡みたいなもんだから、一層大切にしたくなる。


RAVENやTANKみたいな突進型のNWOBHMではないのでヘッドバンガーズ向きではないけれど、DARK STARやLIMELIGHTのようなシケシケの哀愁を前面に押し出した音が好みの方は絶対に聴いた方がいい!


この手の音に騒々しい疾走感は必要ないのです。テクニックをひけらかすだけの速弾きもいらない。
あるのは男の哀愁漂う、背中で語るギター。余計なことはせずにキッチリ「カッコいい」と感じさせてくれるから思わず惚れてしまった。
多少音質が悪いのはしょうがない。だけど、それを掻い潜り漂ってくるその哀愁と気品が最高にカッコいいんだ。

タイトル曲5.は、哀愁無くして生きられない人にとって恰好の名演で、貴方を陶酔の世界へいざなうに違いないでしょう。
間違いなく買いの1枚。




とだいぶ酔ったキモい文章になったので、バランスと取るためにこっからはお子様はおネンネ、下ネタトークタイム。
調べてみればインキュバスってのはキリスト教の悪魔の一つのことらしい。訳せば夢魔とか淫魔。
頭の悪い考え方をすれば、要はこいつはエッチな悪魔。私も是非インキュバスになるか襲われるかしたいですな、ひょひょひょ。
以上。






♪×4.5






お気に入り
1. She Laid Him Down→ハナから得意の哀愁Gでグッと世界に引き込んでくれる良OP曲。

2. Highway To Hell→某C/DCの同名曲より、5000倍ウェット。

3. Life Beyond The Grave→ダッダダダ、ダッダダダというビートがなんか水戸黄門ぽい笑 印籠かざしながら奏でられるツインリードソロに、格さん助さんもういいでしょう。

4. Tight Fisted

5. To The Devil A Daughter→最強レヴェルの哀愁を放ちまくる、小走りなキラーチューン。Gソロになるとどうしても目は瞑り、口は半開きというキモい顔になってしまう、、 名曲すぎる。

6. Helen Of Troy→よくあるDoctor Doctor風の曲。皆んな大好きかDoctor Doctor。哀愁漂わすにゃこのビートがピッタリてか。

7. Night Vengeance→明るめでちょいポップな風味が後半にグッと効くね。

8. You've Taken My Love→バラード。優しげな音色にうっとり。

12. Caught Red Handed(ボ)



To The Devil A Daughter
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R