忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

A Time Of Changes / BLITZKRIEG

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

A Time Of Changes / BLITZKRIEG



ブライアン・ロス率いるNWOBHMバンドの1985年1stアルバム。



ブライアン・ロスというミスターNWOBHMが歩んできた軌跡について、いつもライナーやらネット上の記事で勉強して覚えるんだけど複雑ですぐにポカン。とくにBLIND FURY、PARIAH辺りの経緯は頭蓋骨の厚みが5cmもある私はいつまでたっても把握できない。
忘れては覚え、忘れては覚えを繰り返します。

BLITZKRIEGの結成自体は80年、そこからそれなりに活躍したけど、結局メンバー編成の関係で81年末には解散。
このアルバムは、ロスがその後AVENGER、SATAN、LONE WOLFでの活動を経てから、BLITZKRIEGを再始動させた時の作品。解散前はシングルやコンピレーションへの提供、ライヴテープだけだったので、これが1stアルバムということになる。
ロスにとって、軌道が乗りつつも解散してしまったBLITZKRIEGのアルバムを出すということは念願だったのかもしれないね。


SATANに比べ邪悪な響きやツインリードはあまり聴こえてこない。ただ、ブライアン・ロスが歌うだけあって愁いの雰囲気だとかはやっぱり近いものがある。もうSATANと兄弟だよね。
SATANがそのイーヴルな雰囲気が個性としていたなら、このBLITZKRIEGは割と正攻法な正統派ヘヴィメタルサウンドを展開してくれる。
BLAITZKRIEGもSATANに負けじと切れ味のあるGリフで、楽曲をスピーディーにぐいぐい引っ張ります。幸運なことにMETALLICAという後輩が取り上げてくれたことがその筋の良さを物語っている。
メインソングライターであったGt.ジム・シロットは本職が教師だったというから驚き。

私の持っている国内盤のテイチクからの規格にはボーナストラックとして、彼らが名を上げるきっかけとなった7インチシングルBuried AliveとそのカップリングBlitzkriegの2曲収録。
本編も良いけど、こちら2曲もこれぞNWOBHM!という具合で超おすすめ!





♪×4





お気に入り
1.2. Ragnarok〜Inferno→ベースの響きがいい感じのOP疾走曲。暗めでロスの歌唱がハマってる。

3. Blitzkrieg→フックありまくりの鋭いギターリフが素晴らしい。このリフでどこまでも引っ張る具合がカッコいい!最後らへんのリフリフ!な展開も秀逸。METALLICAがカヴァーしたことはあまりにも有名。

5. Armagedon→ガガガガと単純に突っ込む曲なのかと思いきや、後半の展開はかなりドラマティックに作りこまれている。

6. Hell To Pay→スタジアムで演奏しているかのような歓声がめっちゃ入ってる擬似ライヴテイク?スピーディーな疾走曲ですが、この曲はほんとGソロがカッコいい。JUDAS PRIESTの2人が弾きそう。

10. Buried Alive(ボ)→踊れー踊り狂えー!!NWOBHM!!

11. Blitzkrieg(ボ)→アルバムverよりは遅いけど、荒々しくてNWOBHMらしい。こちらも踊りたくなるようなノリがいい!


Buried Alive






PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R