忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Sortilège / SORTILEGE

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Sortilège / SORTILEGE



フランス正統派ヘヴィメタルバンドの83年デビュー5曲入りEP。


フレンチメタルシーンの中でも屈指の作品だというコレ。私もその勇名ぶりを生まれる前から知っているくらいで。
今回No Remorse Recordから1stアルバムと合わせて再発されたのですが、ボーナストラックとして82年カセットリリースのDemo音源4曲がボートラとしてくっつき9曲入りの構成。これで彼らの夜明けをバッチリ網羅できるというブラボーなアイテムなのだとか。
生まれる前からただ知っていただけで実際SORTILEGEを聴くのは初めて。周りの大人たちは揃って「ソーティレジはカッケえぞぉぉ...」なんて釜爺みたいな口調で彼らを讃えていまして、私もそれを信用して一切YouTubeで試聴せずに購入した次第です。(素晴らしい) 赤と黒基調のシンプルジャケットというだけで買いたくなってしまうのだけれども。


同郷のADXがフランス語の癖が強くなんとなく芋っぽかったんですよね。フランス語はメタルに合わねぇなんてオードブル(アントレ)をコーラで流し込みながら勝手に結論付けたのですが、驚いたことに彼らは綺麗に聴かせてくれるではないか。
歌詞カードで確認するまで英語で歌ってんじゃないかと思いました。だから他国語メタルが苦手な人でも聴きやすい部類なのではないかな。

サウンドはNWOBHMの影響をモロに受けているであろうヨーロピアンな正統派ヘヴィメタルです。#1が始まった瞬間に噴出されるスモークに包まれてなら目を閉じて感じまくろう。
トニー・ムーアの優秀な弟分のような艶やかなハイトーンは抜群にカッコよく、一歩間違えれば墓場行きになりそうなメタルを彩ってくれた。
正直期待していたほどではなかったが、#1やバンド名を冠した#4なんかは才能の煌めきを感じ、当時いち早く彼らを見つけた日本のファンは「フランスに凄い新人がいる!」と興奮絶頂だっただろうな。
国内盤のレコードが出ている次作1stフルも合わせて聴きたいね。



♪×4



お気に入り
1. Amazone→前方が哀愁の煙により不明瞭。視界はヘヴィメタルにより閉ざされた。。もはやカッコよさだけを頼りに前に進むしかないのだ! クリスチャン"Zouille"アーガスチンの流れる勇ましい歌メロが力強い疾走感に映える。[アマゾン]

2. Progéniture→ACCEPTがやりそうなかっちり気味の鋼鉄Gリフと随所に流れ込んでくる哀愁成分が印象的な曲。 [子孫]

4. Sortilège→心に熱く響くリードギターを絡ませながら颯爽と駆ける小走りなヘヴィメタル。彼らのバンド名を高らかに歌い上げたサビに旗を振って応えよう。誇り高き名曲。問答無用にカッコいいです! [魔術・呪文]


Sortilège
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R