忍者ブログ

鋼の御旗を掲げよ!

正統派ヘヴィメタルをこよなく愛するヤングマンの雑記ブログ。 イギリス発祥の伝統芸能であるヘヴィメタルについて、 当時を経験していないフレッシュな目線で探求します。

Ritchie Blackmore's Rainbow / RAINBOW

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Ritchie Blackmore's Rainbow / RAINBOW



1975年の1stアルバム。



ディオを含むELFの面々を引き連れて制作されたこの作品。リッチーの強権ぶりが窺えます。
後の名作のために軽んじられがちだけど、このアルバムを聴かずなのは非常にもったいない、損してる。
お金出してやるからとりあえずTSUTAYA行ってきなさい。


名曲銀嶺の覇者を始めとして、ディオの力強い歌声を聴く事のできる事はもちろんも事、Catch the RainbowやTemple of the Kingのようなリッチー・ブラックモアのハードロックとはまた違った世界観に浸る事が出来る。
とても優しい感触で、意地悪なおっさんがやるような音ではないですね。この辺の曲は本来リッチーが好みとするところなんだろうか。



リズム隊の頑張りも耳を惹くものがあって、ハードロックチューンでは躍動感のあるなかなかの骨太サウンドを体現できてると思うんですがね。あっという間にクビにしてしまう御大キビシー。ブラックモアだけにブラックすぎる。

全体的に纏まりがあってとてもいい作品だと思います。決して光輝くアルバムではないけれど、ぜひ抑えておきたい一枚であります。
名盤。







♪×4







お気に入り
1. Man On The Silver Mountain→確かRAINBOWの曲の中でも欠かされることなくセトリに入り続けた名曲。骨太のギターリフがいかにもリッチーらしい。

2. Self Portrait

4. Catch The Rainbow→ディオの歌声はこの時点で極まっている。独特の浮遊感もハマる。癒しの一曲。私は眠れない時にこの歌を歌います。セルフ子守唄。Zzzz...

6. The Temple Of The King→ 泣けるぜ、優しく物悲しげな曲調に涙。名曲や。

8. Sixteenth Century Greensleeves→力強いビートが効いたハードロックチューン。出だしでジャケの城が見えてくるようで引き込まれます。Gソロもカッコいいぞ!



Man On The Silver Mountain



The Temple Of The King 教えてもらったんだけどこのテイクは凄い。ドゥギーですが。
PR

コメント

個人情報

HN:
てかぷりお
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/09/05
職業:
ゴッドハンド
趣味:
ばくれつけん

P R